陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20代~30…

陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20代~30…

陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20代~30代の男の人多く見られており、よくあるパターンとしては股間の周辺だけに広がり、激しく運動したり、入浴後のように全身が温まった時に猛烈な痒みに襲われます。 ポリフェノール最大の特性はL-アスコルビン酸や脂溶性のV.E.などとは違い、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を遅れさせる効果をいかんなく発揮します。 お酒に含まれるアルコールを無毒化する作用があるナイアシンは、不快な宿酔に極めて有効です。辛い宿酔の原因とされているエチルアルデヒドという物質のクラッキングに力を発揮しているのです。 臓器である前立腺は生育や働きにアンドロゲン(男性ホルモン)がとても深く関連していますが、前立腺に現れた癌も同じように、アンドロゲン(男性ホルモン)の影響で肥大化してしまうのです。 20代、30代で更年期がやってくるとすれば、医学的には「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という疾患に当てはまります(この国の場合40才以下の女性が閉経してしまう症状を「早発閉経(POF)」と呼ぶのです)。 バイ菌やウィルスなどの病気をもたらす病原体(微生物)が呼吸とともに肺に潜り込んで感染してしまい、左右どちらかの肺が炎症反応を起こしていることを「肺炎」と診断しています。 内臓脂肪の多い肥満が診られて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、「血圧(blood pressure)」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2つ以上に該当する事例のことを、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と称しています。 パソコンモニターの青っぽい光を低減するPC専用のメガネが大変人気を集めている理由は、疲れ目の対策にたくさんの人が苦心しているからだと考えることができます。 くも膜下出血(SAH)とは9割近くが「脳動脈りゅう」という血管が変形してできる不必要なこぶが破裂してしまうことによりなってしまう致死率の高い病気として認識されています。 不整脈である期外収縮は、健康でも出現することがあるので深刻な健康障害ではないにしても、短期間で発作が絶え間なくみられるケースは危険なのです。 吐血と喀血はどちらも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血というものは喉から肺に続く気道(呼吸器…respiratory system)からの出血であり、吐血の方は十二指腸よりも上部の消化管から出血する病状を指しているのです。 ハーバード大学医学校(HMS)の調べによれば、一般的なコーヒーと比較して毎日2~3カップのデカフェコーヒーで代用すると、驚くことに直腸がんの発生率を5割も減らせたそうだ。 食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、運動不足、日常生活のストレス、老化など多様な因子が合わさると、インスリン分泌が少なくなったり、機能が鈍化したりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症すると考えられています。 悪性の腫瘍である卵巣がんは、正常なら人間の体をガンから保護する役目を担う物質を生成するための型である遺伝子の異常が引き金となり起こってしまう病気だと言われています。 現代のオペ室には、ラバトリーや器械室、手術準備室(operating preparation room)を設けさせ、オペ中に撮影できるX線装置を備え付けるか、そうでなければ近辺にX線のための専門室を併設するのが常識となっている。 ... Read More

皮ふのサンバーンによって発生したシミをなんとか薄く…

皮ふのサンバーンによって発生したシミをなんとか薄く…

皮ふのサンバーンによって発生したシミをなんとか薄くしようとするよりも、大きくならないようにあらかじめ対策を施したり、お肌の奥に潜んでいるシミの予備軍を防ぐことの方が大事だということをご理解いただけますか。 顔の加齢印象を与える最大の素因のひとつが、歯に蓄積したクスミです。歯の外側の層には、見えないくらい小さなデコボコがあり、日々の生活の中でワインなどによる着色やタバコのヤニなどの汚れがこびり付いていきます。 内臓矯正というものは一部の筋肉や骨が原因で位置以上を起こした臓器を元々存在するべき場所にもどして臓器の働きを良くするという技法です。 患者によって肌質は異なりますし、遺伝的なものによる乾燥肌なのか、もしくは後天的な要素によるドライスキンなのかに応じて処置方法が大きく違ってきますので、充分配慮が必要なのです。 細胞が分裂する作用を促して、お肌を再生させる成長ホルモンは昼間の勉強などの活動している時間帯にはほぼ分泌されなくて、夕飯を終えてゆったり体を休め落ち着いた状態で分泌されると考えられています。 「デトックス」というワードは聞き慣れてしまった感があるが、結局これは「代替医療」や「健康法」の一種に過ぎないのであり、「治療」行為とは一線を画すものであることを認知している人は意外にも多くないらしい。 お肌の若さをキープする新陳代謝、つまり肌を生まれ変わらせることが可能な時間帯は実は限定されていて、それは日が落ちて夜眠っている間だけだと言われています。 日中なのに通常むくまないはずの顔や手にむくみが見られた、十分寝ているのに両脚のむくみが取れない、といった症状は疾患が隠れている恐れがあるので主治医による迅速な診察が必要になります。 寝不足は人の皮膚にどういうダメージをもたらすのでしょうか?その代表がターンオーバー(新陳代謝)が遅れてしまうこと。健康なら28日毎にある肌の入れ替わる速さが遅れがちになります。 アトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)を塗布薬だけで治そうというのには無謀な事だと言わざるを得ません。生活習慣や楽しめる趣味など暮らし全般の思考まで視野を広げたような治療方針が重要だと言えます。 身体が歪むと、臓器同士が圧迫し合ってしまい、他の臓器も引っ張られて、位置異常、臓器の変形、血液に組織液、ホルモンの分泌などにも芳しくない影響をもたらします。 メイクの長所:外見が向上する。化粧も礼儀のひとつ。実際の歳より大人っぽく見せられる(ただし10代~20代前半に限ります)。印象を毎日チェンジできる。 尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸を添加している美肌水は皮ふに優しく、皮ふが乾燥しやすい人に効果的な化粧水です。防腐剤や香料等利用しておらず、皮ふの敏感な人でもご使用いただけるのが特長です。 身体中にあるリンパ管と並行するように進む血行が悪くなると、栄養や酸素(O2)が配られにくくなり、余分な脂肪を多く定着させる大きな原因のひとつになります。 メイクアップの長所:容姿が美しくなる。お化粧も礼儀のひとつ。実年齢より大人っぽく映る(あくまで20代前半までの女性の場合)。自分のイメージを変幻自在に変えることが可能。 ... Read More