美容外科(plastic surgery)とは、と…

美容外科(plastic surgery)とは、とどのつまり外科学のジャンルであり、医療に主眼を置いた形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは違うものである。加えて、整形外科とも混同されることがよくあるが全然分野が異なっている。

ネイルケアは、爪や指先の手入れを指す。ヘルスケア、美容、ファッション、医学的な処置、生活の質の保全というような多様な捉え方があり、今やネイルケアは一つの確立された分野となっているのは自明の理である。

スカルプの健康状態が悪くなってしまう前に正しいケアをして、健康な状況を保ったほうがよいでしょう。状況が悪化してからケアし始めたとしても、その改善には時間がかかり、費用もさることながら手間もかかるのです。

メイクの短所:お肌へのダメージ。毎日化粧するのは煩わしくて仕方がない。化粧品代が結構嵩む。皮ふが荒れる。メイクを直したりフルメイクをするので時間の無駄遣いだ。

輝かしい歯をキープするには、届きにくい部分まで丁寧に磨いてあげることを心がけましょう。歯磨き粉のキメ細やかな泡と口当たりのソフトな歯ブラシを使って、じっくりとお手入れをするようにしましょう。

唇の両端、すなわち口角がへの字型に下がっていると、皮ふのたるみは加速的に目立つようになっていきます。にこにこと唇の両端を上げた笑顔になれば、弛み防止にもなるし、何より見た目が良いですよね。

デトックスというものは、身体の内側に澱のように蓄積された不要な毒を排除させるという健康法のひとつで治療ではなく、代替医療に区別される。「detoxification(解毒)」の短縮形から派生した。

ピーリングは、古くなった表皮を専用化粧品などでピール(peel: はぎ取るの意味)し続けることにより、まだ若くてすべすべの角質層に取り替えようとする合理的な美容法です。

美容の雑誌や本には、顔が小さくなって肌がきれいになり、痩身効果があり、デトックスできる、免疫の向上などなど、リンパ液の流れを整えればみんなうまくいく!という華やかな謳い文句が書かれている。

なんとなくPCに見入ってしまい、眉間にシワを寄せ、しかも口角を下げたへの字(余談ですが私はこの形を別名「富士山口」と名付けています)をしているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。

かつ、肌のたるみに大きく結びつくのが表情筋。いろんな表情を作る顔の筋肉を指しています。肌の真皮に存在するコラーゲンと同様、この筋肉の動きも加齢とともに低下するのです。

唇の両端、即ち口角がへの字型に下がっていると、肌のたるみは確実に進行していきます。にこっと唇の両端を上げて笑顔でいるように努めれば、弛み防止にもなるし、何より見た目が美しいと思います。

ドライスキンは、皮ふの角質細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が水準値よりも低下することで、肌(表皮)にある水分が蒸発し、お肌がパリパリに乾く症状を示しています。

「デトックス」法にはリスクやトラブルはまったく無いのだろうか。そもそも体に蓄積してしまう毒というのは一体どんなもので、その毒物は果たして「デトックス」の力で排出されるのだろうか?

メイクアップの長所:容貌が美しくなる。お化粧も礼儀のひとつ。実際の年齢より年上に写る(10代から20代前半の場合です)。自分のイメージを好みで変化させることが可能。