演奏会の場内やダンス広場などに据えられている大音量…

演奏会の場内やダンス広場などに据えられている大音量スピーカーの近くで大音量を浴び続けて耳が聞こえにくくなることを「ロック外傷」と言うことをご存知でしょうか?

ピリドキシンは、アミノ酸(Amino acid)をクレブス回路と呼ばれているエネルギー源を活用するのに必要な重要な回路にいれるため、輪をかけて細分化させるのを助けるという機能もあります。

毎年流行するインフルエンザに適応した予防対策や医師による手当等、このような必ず行う対策自体は、それが季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザであってもほとんど変わらないのです。

ストレスが溜まる経緯や、便利なストレス緩和策など、ストレスというものの詳細な知識を学んでいる方は、まだ少ないようです。

吐血と喀血、両方とも口からの出血に変わりはありませんが、喀血とはのどから肺をつなぐ気道(呼吸器の一つ)からの出血であり、吐血というのは十二指腸より上部にある食道などの消化管から出血する病状を指しています。

内臓脂肪型の肥満と診断され、脂質(ししつ、lipid)、高血圧、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2項目以上該当する様子を、メタボ(メタボリックシンドローム)と呼びます。

栄養バランスの取れた食事を1日3回とることや運動は当然のことながら、肉体面と精神面の健康や美のために、食事の補助として色々なサプリを摂取する行為が珍しくなくなってきていると言われています。

亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に作用する特殊な酵素や、細胞や組織の再生に深く関わっている酵素など、200種類以上もの酵素の構成要素としてなくてはならないミネラル分なのです。

脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスの調整や痛みの鎮静、様々な覚醒などをコントロールしており、単極性気分障害(大うつ病)の患者はその働きが弱いことが分かっているのだ。

世間では水虫といえばまず足を連想し、こと足指の間にみられる病気として知られていますが、原因菌である白癬菌が感染する所は足だけに留まらず、人の体ならどこにでもうつってしまうという危険性があるので注意してください。

クシャミや鼻水、鼻詰まりに目の痒み・ゴロゴロする感じなどの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの原因である花粉の飛散する量に比例したように深刻になってしまう傾向があるようです。

塩分や脂肪分の大量摂取を中止して続けられる運動を心がけ、ストレスの多すぎない日常生活を続けることが狭心症を引き起こす動脈硬化を事前に予防する方法だといえます。

複雑骨折して大量出血してしまった際に、血圧が急降下して周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや体が急速に冷えるように感じる冷や汗、悪心、座っていても起こる意識喪失などのいろんな脳貧血の症状が出るケースもよくあります。

UVB波は、UVA波より波長が短いという特徴があるので大気中のオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されますが、地上に届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のDNA(遺伝情報)を破損させたりして、皮ふに悪い影響を与えています。

バイク事故や屋根からの転落など、とても強い負荷が体にかかった場合は、複数の位置に骨折が齎されたり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、加えて内臓破裂することもよくあります。