日本の医学界全体がQOL(quality of l…

日本の医学界全体がQOL(quality of life=生活の質)を重視する空気に包まれており、物づくりに代表される経済の向上と医療市場の拡充により、容貌を自分好みに変化させられる美容外科(Plastic Surgery)はここ最近脚光を浴びている医療分野だろう。

美容外科における手術を受けることについて、恥ずかしいという感覚を抱く方も多いため、患者の名誉と個人情報に被害を与えないように気配りが大切だ。

美容外科(cosmetic surgery)とは、れっきとした外科学の中のジャンルであり、医療中心の形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは別種のものである。加えて、整形外科学と勘違いされることがよくあるがまったくもって分野の違うものである。

特に夜22時~2時までの240分間は皮ふのゴールデンタイムと言われ、お肌の生まれ変わりが一番促される時間帯です。この240分の間に良質な睡眠をとることが一番効果の高いスキンケアの要だと思います。

ネイルケア(nail care)というものは、爪や甘皮などのお手入れ全般を指す。健康、美容、ファッション、医者による医療行為、生活の質(quality of life)の保全など多彩な活躍の場が存在し、ネイルケアはなくてはならないものとなっているのは言うまでもない。

中でも夜10時~2時までの240分間は肌のゴールデンタイムと呼ばれており、お肌の新陳代謝が一番促進されます。この夜10時から深夜2時の間によく寝ることが一番効き目のあるスキンケアの方法ということは疑いようのない事実です。

明治の終わり頃に外国帰りの女性たちが、洋風の髪、洋風の格好、洋式に使う化粧品・美顔術などを日本に紹介すると、これらをまとめた言葉として、美容がけわいという言葉の代わりに使用されるようになった。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリンにヒアルロン酸を混ぜている美肌水は肌に優しく、ドライスキンの人に効果的です。防腐剤や香料などを混ぜていないため、お肌のナイーブな人でも使えます。

例えば…あなたは今、パソコンを眺めつつ頬杖をついているのでは?この行為は掌の圧力を思いっきり頬へ伝えて、肌に対して負荷をかけることに繋がるのでお勧めできません。

きれいな歯を保持するには、届きにくい奥歯まで念入りに磨くことが大事です。キメ細やかな泡立ちの歯ミガキ粉と毛先が柔らかめの歯ブラシを選んで、ゆっくりと時間をかけたお手入れをしましょう。

全身のリンパ管と並行するようにして動いている血の流動が悪くなってしまうと、様々な栄養や酸素(O2)が隅々まで配られにくくなり、結果的には脂肪を多く蓄積させる誘因になるのです。

メイクの欠点:涙が出てしまうとまさに阿修羅のような恐ろしい顔になってしまう。ちょっと多くなっただけなのに派手になって地雷を踏む羽目になる。顔の造りをごまかすのには骨が折れること。

知らない内にPCやスマホのモニターに集中してしまい、眉間にはシワ、なおかつ口はへの字(余談ですが私はシルエットがそっくりなので「富士山ぐち」と勝手に呼んでいます)になっているのでは?これはお肌の大敵です。

レチノイン酸療法は、頑固なシミを素早く薄い色に和らげるのに特に役立つ治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・女性ホルモンと関わりがある肝斑(かんぱん)・にきびなどに高い効果があります。

ネイルケア(nail care)というのは、手足の爪や甘皮などのお手入れのこと。健康、ビューティー、巻き爪処置など医師による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ)の保全といった色々なジャンルが存在し、既にネイルケアは確立された分野と言えるだろう。