日本における結核対策は、長年、1951年施行の「結…

日本における結核対策は、長年、1951年施行の「結核予防法」に準拠して進められてきましたが、半世紀が経過した2007年から異なる感染症と同様に「感染症法」に沿って遂行されることが決まりました。

スギ花粉が飛ぶ1月から4月の頃に、小さなお子さんが発熱はみられないのにしょっちゅうくしゃみをしたりサラサラした水っぱなが止む気配をみせない状況だったなら、残念ながら杉花粉症の可能性が高いかもしれません。

くしゃみ、鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロする感じなどの花粉症の辛い症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の放出される量に追従したかのように悪化してしまうという特徴があるというのは周知の事実です。

植物に存在する化学物質、フィトケミカルの部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の物質が、肝臓の持っている解毒酵素の自然な発生を促進しているかもしれないという事が明らかになってきました。

耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、本人にしか感じられないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように他の人にも品質の高いマイクロホンを利用してみると感じることができると言われている「他覚的耳鳴り」があるそうです。

クモ膜下出血(SAH)は実に8割以上が脳動脈瘤と呼ばれる血管にできた不要な瘤(コブ)が破裂して脳内出血することが要因となって発病する大変恐ろしい病気だと多くの人が知っています。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も代表的な中耳炎で比較的幼い子供によく起こる病気です。強い耳痛や高熱、ひどい鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(じろう)などの多様な症状が現れます。

気分障害のうつ病は脳内の神経伝達物質のセロトニンが足りず、憂うつ感、不眠、なかなか抜けない疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦り、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図など様々な症状が出現するのです。

3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を悪くしたり変異を誘発する人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の中で解毒し、肝臓の力を促進するような働きが認識されています。

体を維持するのに必要なエネルギー源として速攻で役立つ糖分、細胞の生まれ変わりに必要となるタンパク質など、度の過ぎたダイエットではこの体を維持するために絶対必要な栄養成分までもを減少させてしまっている。

内臓脂肪症候群であるとは言われなかったとしても、内臓脂肪が多めに蓄積しやすい型のよくない肥満が確認されるということで、数多くの生活習慣病を起こす可能性が高まります。

バイキンやウィルスなどの病気を齎す微生物、すなわち病原体が口から肺の中に侵入し感染した結果、肺全体が炎症反応を起こしている状況を「肺炎」と称しているのです。

緊張性頭痛というのは仕事や勉強などでの肩凝り、首のこりから起こる最も一般的な頭痛で、「ギューっと締め付けられるような強烈な痛み」「重いような酷い痛み」と言われています。

衝突事故や屋根からの転落など、大きな力がかかった場合は、複数個所に骨折がもたらされたり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、重症の場合は臓器が破裂してしまうこともあるのです。

骨折したことにより大量出血した状況では、急激に血圧が降下して、目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、嘔吐感、座っていても起こる気絶などの色々な脳貧血の症状があらわれることがよくあります。