掻痒などに悩まされるアトピー性皮膚炎の要因には、1…

掻痒などに悩まされるアトピー性皮膚炎の要因には、1.口腔内や肺、腸内や表皮等の細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝的な因子、3.栄養面でのトラブル、4.環境面での原因、5.1~4以外の要素の見方を列挙することができる。

健康補助食品などで知られるヒアルロン酸は人の細胞間に多く存在しており、水分を蓄えたり緩衝材の作用をして大切な細胞を守っていますが、歳を取るに従い体内のヒアルロン酸は日々減少していくのです。

美白(びはく)という考え方は95年から99年頃にかけて美容家で料理研究家の鈴木その子の台頭とともにブームになったが、それより前からメラニン色素による皮膚トラブル対策に対して活用されていたようだ。

頭皮ケアの主だった目標は健康的な髪を保つことにあります。毛髪に潤いがなくまとまらなかったり抜け毛が増え始めるなど、大勢の方が髪のトラブルを抱えているようです。

美肌に欠かせないコラーゲンは、快晴の日の紫外線を受けたり何らかのダメージを頻繁に受けてしまったり、心や体のストレスが澱のように溜まったりすることで、崩壊し、最終的には製造することが難しくなっていくのです。

ダイエットで一躍名を馳せたデトックスとは、体の中に蓄積してしまっているあらゆる毒素を排除させるというイメージしやすい健康法で正式な医療行為ではなく、代替医療に大別される。「detoxification(解毒)」の短縮形であり、本来は肝臓に関連した言葉である。

健康な体に起こる浮腫だが、これは当然のこと。ことさら女の人は、夕方のふくらはぎの浮腫を気にするが、人間ならば、下半身が浮腫むということはいたってまっとうな状態なのであまり気にしない方が良い。

日本の医療全体がクオリティ・オブ・ライフ(quality of life=生活の質)を重視する傾向にあり、物づくりに代表される市場経済の爛熟と医療市場の大幅な拡大により、美容外科(Plastic Surgery)はここ最近最も注目されている医療分野なのだ。

近頃人気の頭皮ケアは別名スカルプケア(scalp care)とも呼ばれているお手入れ方法です。頭皮(スカルプ)は髪の毛の困り事である「抜け毛」「うす毛」にとても深く繋がると供に、フェイスラインの崩れやたるみにも影響を及ぼしているのです。

肌の弾力を司るコラーゲンは、特に夏の強烈な紫外線を受けてしまったり何らかの刺激を与えられたり、心身のストレスが徐々に溜まったりすることで、崩壊し、終いには製造することが難しくなっていくのです。

爪の伸び方はまるで年輪のように刻まれるというものであるために、その時に健康面で問題がないかどうかが爪に表れることが多く、毛髪と同様すぐに視界に入って気付きやすいことから健康のバロメーターとも呼ばれているようだ。

女性に親しまれているピーリングとは、役目を終えてしまった要らない角質を専用化粧品などでピール(peel: はぎ取るの意味)し続けることで、新しくて潤った角質層に入れ替える効果の出やすい美容法です。

皮膚の若々しさを作り出す新陳代謝、即ち皮膚を生まれ変わらせることができるタイミングというのは一部に限られていて、それは深夜に睡眠を取っている時しかないそうです。

ここ日本において、肌が白くて淀んだくすみや濃いシミが存在しない状態を好ましく考える価値観が相当古くから浸透し、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるほどだ。

洗顔せっけんなどできれいに汚れを取らなければいけません。洗顔石鹸は肌に合ったものを使用します。自分の皮膚に合っていれば、安い石鹸でも良いですし、固形タイプの石けんでも何も問題はありません。