例えば…今、このサイトを眺めながら頬杖をついている…

例えば…今、このサイトを眺めながら頬杖をついているのではありませんか?実はこの癖は手の平の力を直接ほっぺたに与えて、繊細なお肌に負荷をかけてしまうことになるのです。

湿疹などが出るアトピーとは「特定されていない場所」という意味の「アトポス」というギリシャ語に由来しており、「何かしらの遺伝的な素因を保有した人に見られる即時型アレルギーに基づいた病気」の事を指して名付けられたと言われている。

ほとんど慢性に移行するが、的を得た加療によって病が治められた状況に維持されれば、自然に治ることがあり得る病気だ。

美容外科とは、要は外科学のジャンルで、医療に主眼を置く形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは違うものである。更に、整形外科学とも混同されがちだが全然違う分野のものである。

寝る時間が短すぎると皮膚にはどのような影響をもたらすのでしょうか?その代表格ともいえるのが皮膚のターンオーバー(新陳代謝)が乱れてしまう事。正常なら28日毎にある皮膚の入れ替わる速度が遅れてしまいます。

スポーツなどで汗をたくさんかいて体内の水分の量が減ってしまうと自然におしっこが減らされて代わりに汗用の水分が蓄えられるために、この余分な水分が残ったままだとあの浮腫みの原因になっていると言われています。

掻痒等が出るアトピー性皮膚炎の素因には、1.腸内や表皮、肺や口腔内などにおけるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的因子、3.栄養面での要因、4.環境面での原因、5.それ以外の要素の見解が主に挙げられている。

全身にあるリンパ管に並んで運ばれている血の流れが鈍くなってしまうと、必要な栄養や酸素が隅々まで運ばれにくくなり、結果として不要な脂肪を着けさせる大きな原因のひとつになります。

患者さんはそれぞれ一人一人肌の性質は異なりますし、遺伝的なものによるドライスキンなのか、後天的なドライスキンなのかによって対応方法が変わってきますので、十分な注意が必要とされるのです。

美容整形をおこなう美容外科とは、要は外科学のジャンルであり、医療を目的としている形成外科(plastic surgery)とは別のものだ。加えて、整形外科学とも早とちりされがちであるがこれとは全く分野が異なっている。

明治末、外国から帰ってきた女性たちが、洋髪、洋風の服装、洋式の新しい化粧品・美顔術などを紹介して、これらを総称する単語として、美容がけわいの替わりに使用されるようになったのだ。

よく耳にするピーリングとは、老化してしまった角質層をピール(peel:はぐの意味)し、生成されて間もない化粧ノリの良い表皮(角質)に入れ替えて、ターンオーバーを正常化する効果の出やすい美容法です。

夏、長時間にわたって紫外線を浴びたときにできるだけダメージを小さくする方法を3つ。1.日焼けして赤くなっているところを冷却する2.ふんだんに化粧水を付けて潤いを保つ3.シミを防ぐためにも表皮をむいては駄目

メイクの悪いところ:肌への影響。毎朝化粧するのが面倒くさくてたまらない。費用がやたらめったらかさむ。物理的刺激で肌が荒れる。お化粧を直したり化粧をするので時間が勿体ないと感じる。

男女問わず浸透してきた頭皮ケアは通称スカルプケアとも名付けられているお手入れ方法です。頭皮(スカルプ)は毛髪の悩みの種である脱毛や薄毛などにかなり関係すると同時に、顔の弛みにも影響を及ぼすと考えられています。