ビタミンA(レチノール)の誘導体であるレチノイン酸…

ビタミンA(レチノール)の誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、頑固な濃いシミをわずか数週間で薄い色にするのに大変優れた治療法で、老人性色素斑(老人性しみ)・炎症後色素沈着(PIH)・紫外線が原因の肝斑(かんぱん)・しつこいにきびなどに最適です。

大方の場合慢性へと移るが、状況に応じた手当により患部が治められた状態に保てれば、自然治癒もあり得る疾患だと言われている。

本来、健やかなお肌のターンオーバーは4週間毎のサイクルで、毎日毎日新しい細胞が作られ、常時剥がれているのです。この「日々の生まれ変わり」によって私たちの皮膚は若々しい状態を保ち続けています。

体に歪みが発生すると、臓器はお互いを押し合って、他の臓器も引っ張り合ってしまい、位置異常、臓器の変形、血液や組織液の生成、ホルモンバランスにも思わしくない影響を齎します。

ホワイトニングとは、色素沈着のみられない、ワンランク上の白い肌を目指す美容分野の価値観、又はそのような状態のお肌そのものを言う。主に顔面の皮膚について採用されることが多い。

見た目を装うことで精神的に活発になってゆとりが出るのは、顔面にトラブルを抱えている人もいない人も一緒のことです。私はメイクを自ら元気を見つける最善の技術だと思っているのです。

お肌が乾燥する主因である角質の細胞間脂質と皮脂の減退は、アトピー患者などの先天的なものと、高齢化や洗浄料などによる後天的な要素によるものに大別できます。

アトピーというのは「場所が特定されていない」という意味を持つアトポスと言うギリシャ語に由来して、「何かしらの遺伝的な素因を持った人だけに症状が出る即時型アレルギーを主とする病気」のことを指して名付けられた。

どうにかできないものかとの一心で自己流のフェイシャルマッサージをしてしまう方がいますが、ことさら目の下は敏感なので、雑に擦るように圧力を与えるだけの粗っぽいマッサージは良い効果は期待できません。

20代、30代に現れる難治性の“大人ニキビ”が増えているようだ。10年という長期間こうした大人ニキビに四苦八苦している多くの患者が当院の門をたたいている。

内臓が健康かどうかを数値化できる便利な機械があります。『ノイロメーター』と名付けられている機械で、自律神経のコンディションを計測して、内臓の問題を知ろうというのです。

現代を生きていく私達には、体の中には人体に悪影響を与えるという化学物質が溜まり、そして己の体内でも細胞を傷つけるフリーラジカルなどが次々と生成されていると報じられている。

「デトックス」術に危険性や課題は無いと言えるのだろうか。そもそも身体の中に溜まっていく「毒」というのは一体どんなもので、その毒素はデトックスで体外へ排出されるのだろうか?

ネイルのケアは爪をより一層健康的な状態にキープしておくことを目的としているので、ネイルの状態を調べておくとネイルケアのテクニックの向上にきっと役立つし理に適っているといえるだろう。

デトックスという言葉はそんなに目新しくはないが、「代替医療」や「健康法」に過ぎないもので、治療行為とは別物だと理解している人は意外と多くないようだ。