エイズはヒト免疫不全ウイルス(human immu…

エイズはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって起こるウイルス感染症のことで、免疫不全を招いて健康体では感染しにくい病原体による日和見感染や悪性腫瘍等を発病する症候群のことを称しているのです。

HIV、すなわちエイズウイルスを保有した血液、精液をはじめ、女性の母乳、腟分泌液等の体液が、看病する人などの粘膜や傷口などに接触した場合、感染の危険性があるのです。

いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、白癬菌が股間や陰嚢(いんのう)、お尻などの部分にうつってしまい、定着する病気のことであり即ち水虫です。

もしも検査で現在卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が足りず早発閉経(Premature Ovarian Failure)だと判明した場合、足りない女性ホルモンを補う処置で改善が望めます。

塩分や脂肪分の摂り過ぎは避けて手ごろな運動をおこなうだけでなく、ストレスのかかり過ぎない生活を意識することが狭心症の素因である動脈硬化を予め予防するポイントです。

くも膜下出血(SAH)は90%近くが脳動脈りゅうという血管にできる不必要なこぶが裂ける事でなってしまう脳の病気として認識されるようになりました。

胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法としては現在「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術」という二つの異なる手術の方法が高い頻度で使用されています。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことや能動喫煙・アルコールを毎晩飲む事・肥満等の生活習慣の変化、ストレスなどによって、ここ数年日本人に多く発生している病気なのです。

我が国における結核への対策は、昭和26年にできた「結核予防法」に準じておこなわれてきましたが、56年後の2007年からは結核以外の感染症と同じように「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づいて実行される運びとなったのです。

肝臓をいつまでも健やかにキープするには、肝臓の有害物質を分解する作用が衰退しないようにする、分かりやすく言えば、肝臓を老けさせない対処法をおこなうことが有効でしょう。

ロックミュージシャンのコンサートの開催される施設や踊るための広場などに設置されている特大スピーカーの隣で大音量を浴び続けて耳が遠くなる症状を「ロック外傷」と言うことをご存知でしょうか?

下腹の疝痛を特徴とする病気の代表格として、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、卵巣の疾患等の病名がみられるでしょう。

現在、比較的若い世代で咳が続く結核(けっかく)に抗う免疫を持たない人達が増加していることや、早合点のために受診が遅れることが主因のアウトブレイク・院内感染が増えていると言われています。

腹部の右上にある肝臓に脂質や食物由来コレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん)は、狭心症のみならずいろんな疾患の合併症を誘発する可能性が高いと考えられています。

スマートフォン使用時の小さなちらつきを抑える眼鏡がすごく人気をはくしている要因は、疲れ目の手当に多くの人々が興味を抱いているからだと考えられます。