そういう場合にほとんどの医者が用いるのが、美白美容…

そういう場合にほとんどの医者が用いるのが、美白美容液などに配合されているビタミンC誘導体である。外用抗菌薬と一緒に使うと半年くらいで全快に導くことができた状況が多いのである。

美白ブームには、90年辺りからあっという間に女子高校生などに受け入れられたガングロなど、不自然なまでに黒く日焼けする独特な渋谷系ギャル文化への対抗文化ともとれる内容が内包されている。

スキンケアコスメでエイジング対策「老け顔」から脱出せよ!お肌の性質をちゃんと知って、自分にフィットする基礎化粧品を選び、まともにスキンケアして「老け顔」とお別れしましょう。

肌の奥底で生み出された肌細胞はじわじわと時間をかけて皮膚の表層へと移動し、そのうち角質となって、約28日経てば自然にはがれ落ちていきます。この仕組みこそがターンオーバーと呼ばれています。

日本皮膚科学会の判定の目安は、①激しいかゆみ、②独自の発疹とその広がり、③慢性及び反復性の経過、3つとも該当するものを「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と言っています。

化粧の悪いところ:崩れないようにお化粧直しをする必要にせまられる。メイクを落として素顔に戻った時に味わうギャップ。化粧品の出費が嵩む。素顔だと誰にも会えない強迫観念にとらわれる。

メイクのメリット:自分自身の顔立ちをちょっとだけ好きになれる。顔にたくさん存在する面皰跡・くすみ・毛穴・ソバカス・傷を隠すことが可能。一歩一歩魅力が増してくる楽しさや高揚感。

メイクアップではアザなどを隠すことに主軸を据えるのではなく、メイクを介して結果的に患者さん本人が自分の容姿を認知することができ、社会復帰への第一歩を踏み出すこと、加えてQOL(クオリティーオブライフ)を上げることを目標としているのです。

デトックスというワード自体はさほど目新しくはないが、間違いなくこれは「健康法」や「代替医療」のひとつだと捉えており、「治療」行為とは異なることを理解している人はことのほか少ないらしい。

「デトックス」法に危険性やトラブルは無いのだろうか。そもそも体の中に溜まってしまう毒素とは一体どんな物質で、その毒物とやらはデトックスによって体外へ排出されるのか?

審美歯科は、第一に美しさを考えた総合的な歯科医療のこと。歯の役割には物を噛むなどの機能面と、表情を明るくみせるなどの審美面があり、2つとも健康面ではとても大切な要素であることは周知の事実だ。

「デトックス」術には問題点や危険性は本当にないのだろうか。第一、体内に蓄積してしまう「毒物」というのはどのような性質のもので、その毒物とやらは果たして「デトックス」によって体外へ排出できるのか?

頭皮の手入は通称スカルプケア(scalp care)とも呼ばれます。頭皮は髪の問題である「脱毛」「薄毛」などにとても大きく関係していると同時に、フェイスラインのたるみにも影響を及ぼすと考えられています。

よく耳にするピーリングとは、老化してしまった表皮をピール(peel:皮を剥くの意味)し続けて、まだ新しくて潤った肌(角質)に入れ替える外からの美容法です。

多くの女性たちが「デトックス」に惹かれてしまう大きな理由として考えられるのは、我々日本人が暮らしている環境の悪化だ。空気や土壌は汚され、野菜などの食物には作用の強い化学肥料や害虫予防の農薬が多くかかっていると噂されているのだから無理もない。